便利な機能がいっぱいの人気土のう袋|今注目される建築シートの利点

女性

人気の吸水タイプ

土のう

建築現場や自然災害時に重宝できる土のう袋は、現在では吸水タイプの土のう袋が人気です。従来の土のう袋にくらべ保管がしやすく、さらに持ち運びも簡単であるため、普通の土のう袋から吸水タイプの土のう袋へ乗り換えることも多くあるのです。吸水タイプの土のう袋は、水を吸収させることで使用することができる土のう袋です。十分な量の水を吸収させることで、土のう袋として使用ができる重さを獲得できるので、機能面では問題なく利用ができます。いちいち水を吸収させるので、使うのに手間が掛かるのでは、と考える人もいるでしょう。しかし、通常の土のう袋は非常に重量が大きいので、現場まで運ぶとなるとそれこそ大きな手間が掛かってしまいます。吸水タイプの土のう袋であれば、水を吸水していない状態では非常に軽量です。吸水する土のう袋の重量はほとんどが水によるものであるため、吸水素材自体は軽いのです。乾いた状態ならば両手でいくつもの袋を運ぶことができるので、手間を掛けずに現場まで運べるでしょう。この吸水タイプの土のう袋は、水を吸収する時間も短いので、水につければすぐに土のう袋として利用することができます。長時間水に浸さずとも済むので、非常時に使う場合にも問題はないのです。

土のう袋を保管する会社や自治体であれば、土のう袋の持つ体積の大きさが懸念材料となる場合があります。通常の土のう袋はたくさんの砂を麻袋に詰めたものであるため、詰めた砂の分体積も大きなものとなります。倉庫へ大量に保管する場合、滅多に使わない土のう袋によって大きなスペースを取られる結果となるので、倉庫の片付けに頭を悩ませる人も多いでしょう。吸水タイプの土のう袋であれば、乾いた状態ならスペースを取らずにすみます。水を吸収させない状態ならば、状態も非常に薄いものとなるので簡単に空いたスペースへ収納ができます。倉庫の容量を圧迫しないので、吸水タイプの土のう袋は多くの人に重宝されているのです。